« 菜の花が咲き始めた | トップページ | サンシュユの花 »

2017年3月12日 (日)

「ラインの黄金」を観に行った。

大津には「滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール」というオペラハウス(4面舞台を持つ舞台芸術専用ホール)がある。夜中にフクロウの鳴き声が聞こえるような田舎に住んでいて、近所でオペラ鑑賞ができる。なんて贅沢なのだろう。

先週末、「ラインの黄金」というオペラを観に行った。以前観た「トリスタンとイゾルデ」が素晴らしかったので、今回もチケットを予約して買ったのである。

びわ湖ホールは今年からワーグナーの「ニーベルングの指輪」四部作を毎年一作ずつ上演するという。一作目が序夜「ラインの黄金」。

あらすじを説明することは難しい。ぶ男で小人族(ニーベルング族)のアルベルヒはライン川の底から黄金を盗んだ。この黄金から、愛の放棄と引き換えに、権力を得る魔力を持つ指輪を作った。これで世界の支配をもくろんでいた。

主神ヴォーダンが巨人族の兄弟に城を作らせたのだが、報酬として約束していた妻の妹のフライヤを与えたくなかった。だから小人族のアルベルヒから指輪と財宝をだまし取って、巨人族に与えた。アルベルヒは怒って、指輪に呪いをかけた。受け取った巨人族の兄弟が分配をめぐって殺し合いを始めた。ヴォーダンは指輪の奪還を画策しながら、家族とともに新しい城に入る。これが「ラインの黄金」の物語。

ろくでもない話のようだが、細部はもっとひどい。登場人物が指輪を得るために、だましあい、戦い、互いにひどい目にあって、最後は神々が滅びる物語である。これがワーグナーのオペラで語られると感動する。

いつも通り、比較的安い席。舞台を真上から見下ろすような4階席の2列目、舞台手前のオーケストラピットがよく見える。B席、1万1千円。

歌も演奏も素晴らしかった。久しぶりにリングの世界に浸ることができた。舞台は映像が多く、大道具は少なかった。仰々しくはなく、どちらかというとユーモラスな演出で楽しかった。妻がとても面白がっていた。もちろん来年以降も観に行くつもりである。

下は拙宅から見た大津の市街地。対岸、かまぼこ状の白い建物がびわ湖ホール。

Biwakohall_1849

Biwakohall_1859

|

« 菜の花が咲き始めた | トップページ | サンシュユの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142915/65006451

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラインの黄金」を観に行った。:

« 菜の花が咲き始めた | トップページ | サンシュユの花 »