2009年3月15日 (日)

帰宅、片付け

ようやく旅行の片づけがひと段落しました。明日からいつも通りの生活。与論島ではすでに桜の花の季節が終わって、ウグイスが鳴いていました。これから滋賀で春を迎える、というのはちょっとタイムスリップしたような気分。

フルマラソンを完走することとサンゴを見ること、どちらの目的も果たすことができた。マラソンを走った後、足の筋肉痛は三日ほど。それよりも酸素が体中にいきわたったせいか、しばらく気分が爽快でした。また走らねば、と思う。

あこがれていたサンゴの海で泳いだ。日常生活に戻った今、思い出すだけでぞくぞくするような体験でした。台所で冷凍物の干し魚を焼きながら、自分は恵まれた人間だとつくづく思う。

与論島は人口が五千人ほどの小さな島。みな気さくで親切でした。とくに民泊でお世話になったお宅では暖かくもてなしていただきました。ぜひまた訪ねたい。

食べ物がおいしかった。ごちそうになったりして島で食べたものを思いつくままに書いておきます。らっきょうの浅漬け、地魚の刺身と煮付け、焼き魚、パパイヤの漬物、大根と魚のなます(カルパッチョ)、サメの唐揚、イモガイ、コウイカの刺身、昆布の佃煮、ゴーヤの肉詰め、よもぎもち、ピーナツのぜんざい、アオサの味噌汁、モズクそば、ヤギ汁、島みかん、よもぎ入り黒砂糖。とくに自家製パパイヤの漬物となますは想像がつかない食べ物ですが、美味。

下の写真は、与論島の土産物屋さんで購入した水字貝の裏と表。島では玄関において火事除けにするそうです。

Kai_5580











Kai_5579

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

首里城、那覇から伊丹へ

午前中、首里城で観光。楽しかった旅行もこれでおしまい。昼食はタコライスと中味そば(中味はブタのモツのこと)。午後、那覇空港から全日空のボーイング777-300で伊丹空港へ。無事帰宅。滋賀は寒い。

下の写真は首里城正殿、お庭、首里城からの眺め、帰りに乗ったボーイング777、雲、奄美大島。

Naha_0956











Naha_0959











Naha_0951











Naha_0966











Sora_0972











Sora_0978

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

美ら海水族館、那覇へ

午前中、美ら海(ちゅらうみ)水族館で観光。水槽の中を廻る巨大なジンベイザメやマンタ(オニイトマキエイ)を見ていると時間を忘れてしまう。

午後、バスで那覇に移動。旧海軍司令部壕とひめゆりの塔を訪ねた。言葉はない。ただ手を合わせるのみ。

繁華街の国際通りにある「ゆうなんぎい」で夕食。忘れないように食べたものを書いておくと、いなむるち(みそ汁)、クーブイリチー(こんぶの炒め物)、ミミガー(ブタの耳)の酢の物、ラフテー(ブタの角煮)、ジーマミードーフ(ピーナツの豆腐)、フーイリチー(ふの炒め物)、グルクン(魚)の唐揚、カラスドーフ(豆腐に小魚の塩辛をのせたもの)、海ぶどう、ナーベーラ味噌煮(へちま)、フーチバジューシ(よもぎの雑炊)、古酒(焼酎)。

写真はジンベイザメ、チンアナゴ、コブシメ。

Sui_5516











Sui_5509











Sui_5505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

フェリーで沖縄に

与論港からマリックスラインの「クイーンコーラルプラス」号に乗船。出港のとき甲板から手を振った。与論島が名残惜しい。2時間半の航海で沖縄の本部港に到着。

宿は、備瀬のフクギ並木の中にある民宿「岬」。フクギは沖縄で防風林に使われている、幹がまっすぐな木。垣根とか並木というよりは森の中に家があるよう。食事がおいしかった。

下の写真クイーンコーラルプラス号、船から見た東シナ海、フクギ並木、伊江島と夕日。

Fune_5402









Fune_5370












Oki_5408
















Oki_5429

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海水浴

本日快晴。妻と海岸に出かける。皆田海岸と大金久海岸。ここまで来て泳がずにはいられない。とにかく海パンに着替えて海に入る。透明度が高くて海中とは思えない明るさだった。少し寒かったがサンゴの海で泳いでみたいという希望がかなって満足。

風があるせいか波が高くてうまく泳げなかった。夏に向けて泳力を付けねばと思う。

下の写真は皆田海岸の朝日、パパイヤの木、皆田海岸、サンゴの骨格の破片、大金久海岸(2枚)、サンゴの骨格が砕かれてできた砂(2枚)、砂浜。

Umi_5121











Umi_5178











Umi_5195











Umi_5198_2















Umi_5246











Umi_5263











Umi_5255











Umi_5436











Umi_5322

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

散歩しました

昼間は曇りときどき雨。夕方から強風と大雨。海岸を散歩しました。この島にはハブがいないので、どこでも安心して一人歩きができます。

下の写真はサトウキビ畑、海岸で拾ったサンゴの化石、波打ち際のサンゴの破片、海岸の風景(2枚)。

Kibi_5037











Kaseki_5108











Umi_4992











Umi_4988











Umi_5015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

第18回ヨロンマラソンで完走しました

第18回ヨロンマラソン、フルマラソン男子の部に出て、完走しました。記録は5時間32分53秒。曇りときどき晴れ。走るにはちょうど良い天気でした。コースは島を2周。坂が多くて苦しかったのですが、リーフがある海の景色がとてもきれいでした。

これでフルマラソンの完走は2回目。前回の金沢のときよりもしっかりとした足取りでゴールできて、自信がつきました。時間がかかったのは坂道のせい。またマラソン大会に出たいと思う。

民泊のお宅で完走パーティーをしていただいた。地元の料理がとてもおいしい。それだけではなく「有泉」というサトウキビの焼酎を「与論献奉」という豪快な作法で頂戴した。大まかな手順は以下のよう。

酒宴の「親」が、大きな杯に有泉を注ぎ、挨拶をして一気に飲む。親は飲み干した杯に酒を満たし、一人ずつ指名していく。指名された人は挨拶をして一気飲みする。全員に杯が回ったところで親を交代して、同じことを繰り返す。

一升瓶が瞬く間に空になるにぎやかな酒盛り。久しぶりに痛飲しました。ちなみに、有泉は飲み口がさわやか。

Mar_4948

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

グラスボート

グラスボートというのは、船底にガラスが張ってある船のこと。ガラスの底を覗き込むことで、水槽のように海中の景色を眺めることができる。私たちが乗ったのは10人以上乗れる船だが、季節外れのため客は妻と私の二人だけ。ビーチにも人気がなくて貸切でした。とても贅沢。

与論島はサンゴ礁に囲まれた島だが、1998年の世界的な海水温上昇でこの島のサンゴは大きな被害を受けたらしい。しかし今回のグラスボートではサンゴをたっぷりと見ることができて満足。

下の写真は大金久海岸、私たちが乗ったグラスボート「みゆき」、船内、海中の景色(4枚)。

Fune_4721











Fune_4898













Fune_4792_2















Fune_4730











Fune_4740











Fune_4829











Fune_4795












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

与論島巡り

マラソンコースの下見を兼ねて、自転車で島を周りました。下の写真は砂浜、ウミガメ、小さな入り江、浜に打ち上げられたサンゴのかけらなど、ハイビスカス、風力発電所、与論民族村の古い民家、ソテツの実。

Sunahama_4601











Kame_4612











Irie_4679











Hama_4654











Haibisu_4705











Fusha_4695











Minka_4714










Sotetsu_4708

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

船旅

奄美大島、徳之島、沖永良部島を経由して与論島に到着しました。ほぼ丸一日の船旅。2等客室でしたがよく寝られました。食堂の食事はおいしかった。飛行機の機内食のようなものを想像していたが杞憂。

民宿「楽園荘」に投宿。アットホームな雰囲気が気に入っています。宿の食堂でブログを更新中。7日、8日は島中の宿が満室なので、民家に泊めてもらう予定。

下の写真は「あけぼの」号、沖永良部島、与論島、皆田海岸。

Fune_4568











Oki_4487











Yoron_4550











Yoron_4593

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧